EUR-USD 一時下目線

黒枠内で待ち伏せし
トリガーに
5分足以下のWトップやボトム 三尊 ①②③やレンジやフラッグなど何でもよい 自分が分かる反転パターンで仕掛けたい。

損切はトリガーパターンの否定された位置又はその上の高値安値目印、環境認識当 状況で常に変わる。

利食いは基本フィボナッチ系や高値安値付近、二分三分決算や建値損切移動も有効、でも結局は余り変わらないので相場観の練習レベルの考えでいるイメージ。

2024-02-10_12h34_09.png

取り合えずEUR-USD H4
2024-02-10_12h28_26.png

EUR-USD  M30  黒枠内ショート目線 又はもう一段上ライン  5分足パターンネック割れ狙い、正しH4だと一時そのまま反転してもおかしくないので要注意。
2024-02-10_12h31_42.png

自分のトレードスタイルは基本 後から追随するインジケータは無いが100歩譲って移動平均線吞み。

ライン以外ロウソク足にかぶる インジケーターは入れない、出来る限りシンプルでロウソク足を基準として考える。

ルールは 

①根拠ある入り口から入る。 
②入る前に損切利食い戦略を固める。
③入った後は基本何もしない。